綺麗な環境を維持するために

資源ゴミの日に出す

紙を使い終わったら、資源ゴミの日に処分してください。
すると回収されて、リサイクルできる施設に運ばれます。
1度使った紙を再び綺麗な状態にして再利用することで、森林の伐採を防げます。
今はたくさん森林が残っていますが、無限ではありません。
このまま伐採が進むと、いずれ森林はなくなってしまうでしょう。

そうなったら地球上の生き物が、絶滅してしまいます。
環境を守るためには、資源をリサイクルして使うことが欠かせません。
限られた資源を大事に使うよう、分別をきちん守ってください。
紙を燃えるゴミに出している人が多いですが、それでは捨てられるのでリサイクルできません。
せっかくリサイクルできるものなのに、もったいないです。

再利用できるものを知ろう

缶やペットボトル、発泡スチロールもリサイクルできるものです。
ですが細かく分別して、処分しなければいけないという決まりになっています。
街中を見ると、缶やペットボトル専用のゴミに箱を見かけるでしょう。
飲み終わったらそこに捨てれば良いだけなので、余計な手間は掛かりません。
スーパーでは、牛乳パックの回収を行っています。

牛乳パックを綺麗に洗って、解体してから回収ボックスの中に入れてください。
リサイクルされて新しい製品に生まれ変わるので、資源の無駄遣いを減らせます。
1人1人が、地球環境を守ることを意識しなければいけません。
みんながやっていれば自分はやらなくて良いと思わないでください。
子供にも意識させましょう。


この記事をシェアする